自律神経失調症なら武雄市の黒岩整体院へ

光がまぶしいのはなぜ?

光がまぶしい   自律神経の調整・黒岩整体院

最近、「光がまぶしい」とおっしゃる方が増えています。

普通にテレビ、蛍光灯、パソコンなど見たり
外出するとまぶしさを感じるようです。

初めはまぶしくてもしばらくしたら治まってくる場合はいいのですが
30秒くらい経過してもやたらまぶしく感じる場合は
自律神経の働きが乱れている可能性大です。

通常、瞳孔が目に入る光の量を調節していて
まぶしい時は瞳孔を収縮させて光の入る量を少なくするのですが
自律神経が乱れている場合は瞳孔があまり収縮しませんし
収縮してもすぐに弛緩してしまいます。
(これはペンライトを患者さんの目に当てることで確認できます)

瞳孔が開きっぱなしの状態に近いので
目に入る光の量が多くなり、いつまでもまぶしさを感じるわけです。

なぜ、瞳孔の動きに異常が出るのかというと

コルチコイドという副腎皮質から分泌されるホルモンが
(ストレスホルモンと言われ、ストレスを感じると放出されます)
瞳孔の動きを調節しているのですが

ストレスを受け続けた為にコルチコイドが足らなくなり
(コルチコイドは無限にあるわけではないのです)
瞳孔の調節がうまくいかなくなるのです。

対策としては、サングラスを使用したり
ストレスの量を減らすように心がけ
心身をゆっくり休めることが大事だと思います。

まぶしさを感じるまま放っておくと
目に悪いのはもちろんですが
脳へのストレスにもなり、体が無意識に緊張してきますのでご注意ください。




良くなりたい(現状を変えたい)方は今すぐお電話を!
(通話料無料)

アイコン-電話-小.png0120-23-2468

「自律神経のホームページ見ました!予約お願いします。」
お気軽にお電話ください。

自律神経調整で体と心が楽になる
武雄市・黒岩整体院
メールでの予約やお問い合わせも受け付けております。
(ただし、当日予約は電話でお願い致します)


(ボタン)メールお問い合わせorange-大.png


リウマチとストレス分類

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional