自律神経失調症などの不定愁訴は武雄市の黒岩整体院へ

自律神経失調症の原因

  • HOME »
  • 自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因

原因はストレスと言われており、
一般的には精神的なストレスを思い浮かべると思いますが
当院ではストレスを4つに分類しており、
どのストレスの影響が強いかで対策も変わってきます。

ストレスの分類

精神的ストレス

人間関係(仕事・近所付き合い・嫁姑問題など)や不安、恐怖など
精神的に「嫌だ」と感じるものは全てストレスになります。

精神的ストレスに対しては、軽いものは趣味など自分の好きなことで発散できますが
考え方や物事の受け止め方を変えなければならないものもあります。

自分自身との対話(自分を見つめ直す)が重要であり
最も対処が難しいストレスだと言えますが
当整体院の施術で体が楽になった結果として
心まで楽になられる方も多いです。

構造的ストレス

背骨のズレや体の歪み、悪い姿勢、内臓の機能低下なども脳にストレスを与えてしまいます。
当整体院が最も対処が得意なストレスと言えるでしょう。

化学的ストレス

偏った食生活(栄養素の過剰・不足)、薬、添加物、タバコ、排ガス、大気汚染など
体に入ってくるもののストレスです。生活習慣を変えることである程度対処できます。

温度・湿度のストレス

急に暑くなった・寒くなったなどの急激な温度差や
湿度が高すぎる・低すぎるなども
体にとってはストレスになります。

季節の変わり目に体調を崩す方が多いのも
このストレスの問題が一因になっています。
衣服で調整したり、暑すぎる場所や寒すぎる場所に長くいないなどある程度対処することができます。

ストレスを4つに分ける理由(重要)

上記4つのストレスが積み重なって、
個人の許容量を超えた時に症状が出るわけですが
例えば、許容量を10として、それを超えたら症状が出るとします・・・

いつも暴飲暴食をしていて、化学的ストレスが3
その日急に気温が下がり寒くなって、温度のストレスが2
普段から姿勢が悪く、体の歪みやズレがあり疲れがたまりやすく、構造的ストレスが5

この時点ですでにストレスが容量いっぱいの10あるわけですが、
この状態でちょっとした不安や恐れなどの精神的ストレスが1加わったとすると、
それでストレスの合計は11となり
容量オーバーで症状が出てしまいます。
(コップの水が溢れた状態と例えてもいいですね。溢れた水が症状です)

この場合、精神的ストレスは症状を引き起こしたきっかけであり
これだけを原因として片付けるわけにはいきません。
(一般的に、この精神的ストレスだけを原因と決め付けてしまう傾向にあります)

化学的ストレス、温度のストレス、構造的ストレスなどそれぞれを減らしてあげれば
ある程度の精神的ストレスがかかっても許容範囲内で収まり
症状は出にくくなります。

※これはあくまで例えです。色んなパターンがありますので
何がきっかけになったのか
それまでにどういうストレスが積み重なっていったのかを
私と一緒に考えていきましょう。
そうすることで対策法が見えてきます。

ストレスを4つに分類している理由がおわかりになったでしょうか。

ストレス=精神的ストレスでは、対策に限りがあり
自律神経失調症を改善させることが難しくなります。




良くなりたい(現状を変えたい)方は今すぐお電話を!
(通話料無料)

アイコン-電話-小.png0120-23-2468

「自律神経のホームページ見ました!予約お願いします。」
お気軽にお電話ください。

自律神経調整で体と心が楽になる
武雄市・黒岩整体院
メールでの予約やお問い合わせも受け付けております。
(ただし、当日予約は電話でお願い致します)


(ボタン)メールお問い合わせorange-大.png


自律神経失調症に対する施術

TEL 0120-23-2468 月・火・水・金 9~12時/14~19時、土・日・祝祭 9~13時

PAGETOP
Copyright © 佐賀県武雄市・黒岩整体院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.